ペンキ屋さん(業者)の選び方

このページをご覧になっていらっしゃるのは
知り合いにペンキ屋さんがいなく、誰に相談したらいいのかもわからない…
そんな方が多いのではないでしょうか。

 当店のような小さな一般の塗装店(町の塗装店とでも言いますか)に頼むか、いわゆるハウスメーカーや大手工務店に頼むかで迷うと、とりあえず安心な(?)大手の業者に頼むことが多いかと思います。

 一般の塗装店と大手メーカーの各々の良いところ悪いところを理解した上で、納得して仕事を任せられるように一覧表を作ってみました。業者選びの際に、少しでも参考になれば幸いです。

  自社施工の一般塗装店 ハウスメーカー(大手工務店)

安い
(営業代などの諸経費が少ない)当社料金例
高い
(監督代・広告代・営業代などが工賃に乗る為)
同じ家を見積りし100万円と見積額が出た場合
自社施工…100万円の予算で材料・工程・工期を組める
メーカー …メーカー100万→下請け60~70万→孫請け・・・

となり、実際に施工する業者は十分な予算が組めず、おのずと材料・工程・工期に反映される



自社施工(元請け) 下請け会社・孫請け会社



施工者によりますが、自社施工の場合、工期・予算に余裕があり、丁寧に仕事ができる。 施工者によりますが、下請けの場合、工期・予算に余裕がないと仕事が雑になる事がある。(もちろん、全てではありません)
塗料 一般的に差はない。
光触媒などの特殊塗料は加盟店になっていないと使えない。
加盟している率は少ない? 加盟している率は多い?


知名度がない。
情報も少ないので、不安な面がある。
知名度がある。
ホームページ、各種広告等で情報も知ることが出来、安心感がある。

自社足場の場合、工期(日程)に無駄が出ない。
外注の場合はハウスメーカーと同じ。
基本的に外注なので、各業者間の連携により対応となる。
(無駄な休工日が出る場合がある)

依頼した会社の社長・親方と見積段階から一致して打ち合わせできる。ペンキ屋さんに直に相談できるので、その場で詳しく話を聞くことができる。 打ち合わせは元請け営業マン。施工は下(孫)請け業者となるので、相談から決定まで時間がかかる。営業マンが塗装に関して詳しくないと正確な情報が得られない。

 ここに書いた例は、あくまでも一般的な例です。もちろん例外の会社はたくさんあります。

 例えば当店では一般塗装店の弱み(知名度・安心感等)を克服しようと努力していますし大手さんでも様々な努力をなさってる良い会社もあると思います。

安いけど、腕もいまいちな自社施工の一般塗装店 よりは
高いけど、しっかり施工してくれる下請け塗装会社 の方が良い

残念ながらこんなこともあるかもしれません。

 なかなかその見極めは大変かもしれませんが、見積書を吟味し、わからないことは積極的に問い合わせるなど失敗しないペンキ屋さん選びをなさってください。


お問い合わせはこちらからどうぞ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文(必須)

←お問い合わせの内容に間違いがなければ
 チェックを入れて送信ボタンを押して下さい。