その名もタスペーサー

どうも新人の渡邊です。

先日コロニアル屋根(いわゆる板張りの屋根)の塗装を行いました!

コロニアル屋根のお宅、多くなってきましたね。
また、震災の影響での瓦屋根の被害を見て
コロニアル屋根を考える方も多いのではないでしょうか?

そのコロニアル屋根塗装で扱った部材がこちら

「タスペーサー」

これは屋根と屋根の間に差し込み、通気性+水はけを良くする部材です。
水はけが悪いと、屋根材の間に入り込んだ雨水がなかなか抜けず・・・
下地が腐りやすくなってしまいます。

ですので、会社ではタスペーサーを用いて塗装を行うことにしています。
とても小さな部材ですが、少しでも家を長持ちさせることを考えると
とても大事な部材だと思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください