自社足場の良いところ

ちょっと前の話になってしまいますが、お盆休み中のお話です。

外出した際はやっぱり他の現場が気になってしまうもの。
これはもう職業病ですね ^^;
そこで見たいくつかの現場なのですが

1つめ。
お盆休み前に余裕を持って工事が終わっているのに
直す業者さんと足場屋さんが別なため、足場を解体できず
お盆休み中ずっと足場が掛かりっぱなし・・・。
会社が入っているようなビルなら無人でしょうからまだしも
一般住宅でしたのでとてもかわいそうでした。

2つめ。
民間アパートの塗り替えで養生しっぱなし。
(窓などにビニールが貼りっぱなし)
あの猛暑の中、換気したくてもできません。
天井をローラーで塗ってしまうのが諸悪の原因なのですが
いまどきのペンキ屋さんは天井をローラーでしか塗れないので
必要な期間以上に養生をしなくてはならないのです。

例えば、ペンキ屋さんが足場の設置を足場屋さんに頼めば
自社で足場を持たなくて良いですし
足場の資格も要りませんし
大変な足場作業を従業員に負担させなくても良いのですが

上記のようなデメリットがあるため弊社では自社足場にこだわり
・お客様とだけ日程を調整すればいいので、いつでも足場を掛けられる
・足場を掛けたらすぐに次の作業に移れるので工期に無駄が出ない
・工事が終わったら、すぐに解体できる

という、お客様のことを第一に工事をしています。

でも、複雑だったり自社では困難だったりする場合だけは
足場屋さんにお願いしています ^^;


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください