補足:日立市の住宅修繕助成金について(工事後の申請も可)

昨日、記事にしました日立市の住宅修繕助成金についてですが
今日になって追加の情報がありました。

昨日(3/31)の段階では書いていない情報でしたので
私も早まって誤った情報をツイッターにつぶやいてしまいました。
ご覧になった方、大変申し訳ありません。

それはどういう内容かと言いますと
見積書を添付した上での申請ですので事前申請のみかと思ったのですが

4/1、市役所HPの更新内容(公式リーフレットより)
「工事が終了した場合でも申請できます。ご相談下さい」

ということで、工事後の申請でも受け付けてくれるようです。
しかし、基本はやはり事前の申請なのだと思います。

あと対象になる工事ですが
・住宅の屋根、外壁、基礎等および住宅の塀
・床上浸水や床下浸水による壁の張替、床板の交換等

とありますので、ひび割れなどの修繕がどうなるのかわかりません。
この辺は問い合わせてみないとわかりませんね。

それ以外の追加情報はこちら。


助成の対象

 市に住民登録しているかたが、東北地方太平洋沖地震や津波により被災した住宅又は住宅の塀を修繕する場合で、その費用が20万円以上になるとき。

 次の点にご注意ください

* 被災者生活再建支援法に基づく支援が受けられるかたは対象となりません。
* 1世帯につき1回のみの申請となります。
* 住宅を借りているかたが申請する場合は、所有者の同意書が必要です。
* 家電品などの家財は対象となりません。
* ご自分で工事をされた場合は対象となりません。

申請に必要なもの
●申請書
●工事の見積書の写し
●工事施工予定箇所の写真
●はんこ

市役所HPへのリンク
地震により被災した住宅の修繕工事費を助成します


また正式な情報が入り次第、お知らせしたいと思います。


最新情報はこちらをご覧下さい。

弊社、震災助成金関連情報一覧
https://www.midorikawa-tosouten.com/?page_id=1238


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください