リフォーム詐欺!?「瓦が曲がってますよ」

今日は当店で目にしたびっくり話を書こうと思います。
年に1回ぐらいではありますが、

“瓦が曲がってて雨漏りするから直さなくちゃいけない”
飛び込みの営業マンに言われて不安だから(当店に)見てほしい」

というお仕事の依頼が来ます。
結論から言いますと、瓦が曲がってるから雨漏りすることはないです。
瓦の下のルーフィングという防水シートが破れていて
それで瓦の隙間から入った雨で雨漏りすることはありますが…。

参考にわかりやすい画像を貼っておきます。

瓦

ボロボロのルーフィング


これはだいぶ古い住宅なので、ちょっと状態が悪すぎますが
(たぶん30年以上ノーメンテナンスだと思います)
瓦をはがすと、こんな感じになっています。
瓦の下でボロボロになっているグレーの紙がルーフィング。
その下の茶色い板が野路板(のじいた、下地板)です。

この写真ではルーフィングがビリビリに破れて
野路板が見えてしまっています。
しかも、野路板の隙間も見えていますので
ちょっと強い風が吹いて、瓦の下に雨が入りますと
あっという間に天井に水がしたたれ
いわゆる雨漏りの状態になります。

雨漏りの原因は他にもいろいろ考えられますが
一番多いのはこのパターンではないでしょうか。

さて、表題の「瓦が曲がってますよ詐欺!?」という件ですが
たまたま私が依頼されたお客様の状態はこんな写真でした。

瓦

不自然に開いている


確かにポッカリと口が空いて見えています。
しかし、気になる点が多々あります。
瓦

整然と並ぶ瓦


ご覧の通り、他は整然と瓦が並んでいます。
曲がっているのはそこだけ。
いったいどういうことでしょうか!?

お客様の話を聞いたところ、その飛び込み営業マンは
瓦が曲がっているので見てきますと
ハシゴを使って屋根まで上がっていったようですが
このお客様のお宅はかなり道路より高い位置にあるので
屋根の上なんて下からは見えません。
彼はいったいどこから見たのでしょうか?

そして、こんなにキレイに瓦が並んでいるのに
あそこだけ曲がっているなんて、とても不自然じゃないですか?

そしてそして、わざわざハシゴまで使って(地上6Mぐらいなのでかなり危険)
屋根に上がったのに、なんで直してこないのか?
1分もかからず手だけであっという間に直せるのに。
これぐらいサービスで直してあげたら
それこそ数年後にお仕事をいただけるのではないでしょうか?

↓私がチャチャっと直した後。

瓦

正常な状態

という摩訶不思議な事件でした。
これで瓦を葺き替えるなんて話になったら
工事代金は100万円じゃ済まないでしょう。
詐欺なんて言葉は使いたくないですが、詐欺まがいの工事だと思います。

皆様もこんな営業マンが来たらご注意ください!

12/3 続編「瓦が曲がってますよ」詐欺!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください